【どっち?!】ブラウンシルクエキスパートとケノンの2択で悩んだら

スポンサーリンク
アイキャッチ 家で脱毛

もはや家庭用脱毛器の頂上決戦と言っても過言ではない。

ブラウンシルクエキスパートvsケノン

どちらもとても人気で、この2つで悩んでいる人はとても多いです。

しかも対照的なのがその信頼性。

『世界のブラウン』にホームページがうさん臭いケノン。

ひと昔前の…なんて言うかいつ作ったんだ?ってくらい古い感じ。

なのに口コミ、製品の評価ともに互角。

本当に正反対なのになんでなんだろう?と首をかしげたくなります。

で…もし買うならどっちがおすすめ?

筆者
筆者

めんどくさがりのわたしなら、”断然”ブラウンシルクエキスパート選びます。

スポンサーリンク

めんどくさがりは『断然』ブラウンシルクエキスパートがおすすめ

なんてったって冷やしながらやるとかめんどくさすぎる。

この1点に尽きる。

ブランのシルクエキスパートは照射前後に冷やす必要はありません。

一方ケノンは照射前と照射後に保冷剤で冷やしながら使います。

それがめんどくさい。

脇だけとか指毛だけとか狭い範囲だけならそれでもいいんだけど、太ももや腕といった広範囲になるとなかなか大変です。

ケノンを使うとき、もし冷やさなかったらどうなるの?

筆者
筆者

やけどしてしまうかもしれないね。

ケノンの最大の魅力って他の脱毛器と比べてパワーが強いこと

つまり特にしぶとい脇毛やビキニエリアとかに本領を発揮。

だから「効果あった!」っていう口コミも多いんですね。

ただパワーも強く、効果もあるとなると、その分肌へのダメージも大きくなります。

だから冷やして使って、ダメージを最小限に抑えつつ、効果を最大限に発揮するんです。

もしケノンがいいけど冷やすのが面倒ということであれば、照射レベルを低く設定して肌ダメージを抑えるしかありません。

…となると、ケノン最大の魅力である『脱毛に効果的なパワー』を使えなくなります。

それじゃあケノンを選ぶ意味がなくなってしまいますよね。

なので、ブラウンシルクエキスパートかケノンか迷った場合は、

冷やしながらでもマメにがんばる!という気持ちがあればケノンを。

めんどくさがりだから、冷やしながら時間をかけてなんてできない!という気持ちが強いならブラウンシルクエキスパートを。

家族や友達、複数人で使いまわすなら衛生面でケノン押し

めんどくさがりでも、あえてケノンを選ぶなら、

自分以外の人も使う

という理由があればそうした方がいいですね。

カートリッジ(肌にあたる照射部分)が取り替えられるから。

VIOに人が使ったやつとかあんまり使いたくないですよね。

仮に『VIOには絶対使わない協定』とか結んでいても、手や足に脱毛効果を感じ始めたら使いたくなるんですよ。

内緒にしてればわからないけど、「もしかして…」と1回考え始めたら照射面を見たときに、

「これ下にも当ててないよね…?」

ってちょっと衛生面に不安がでちゃうので、自分専用のカートリッジを持ってた方がいいです。

足、腕、脇くらいなら同じものでもさすがに…

脱毛器は使い続けてこそ効果が出る。シルクエキスパートかケノンで迷ったら自分の性格にあった方を選ぼう

めんどくさがりはシルクエキスパート。

めんどくさくてもとにかく強力なパワーで確実に毛を駆逐してやりたい!っていう思い&根性のある人はケノン。

性能自体はどちらもいいし、効果も十分あります。

だからあとは使い続けることができるかどうか。

使い続けることで、毛が伸びるのが遅くなり、徐々にムダ毛が減っていくのを感じることができます。

筆者
筆者

これにはめっちゃ感動した。っていうか嬉しかった!家でも脱毛できるじゃん~って。

今始めれば1か月後に始めるより早く効果が出ます。

ムダ毛を剃らなくていい、肌もきれいに保てる。

なによりムダ毛を気にしないって自信持てるんだと、毛深かったわたしは思いました。

すね毛を気にしなくていいって素晴らしい。

家で脱毛
スポンサーリンク
ねむたい目をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ねむたいおめめは時々ひらく
タイトルとURLをコピーしました