【恋はつづくよどこまでも】原作とドラマの違い

スポンサーリンク
over30のおたく

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』が2020年1月14日からスタートします。

このドラマの原作は、プチコミックで2019年2月号まで連載されていた円城寺マキさんの漫画、『恋はつづくよどこまでも』です。

そこで気になったのが、

筆者
筆者

ドラマは原作と同じ話になるのかな?それともオリジナル要素強めになるのかな?原作とドラマに違いはある?

という点。

原作漫画を全巻読んだので気になりました。

原作は大人向けの表現もまあまああるから、多少は話しを変えないといけないだろうとは思っていました。

で、違いを調べようとドラマのホームページを見てみると、

  • キャラ設定が違う
  • オリジナルキャラがいる

ということがわかりました。

もうこの時点でオリジナル要素があるので、原作にない話も出てきそうだし、登場人物それぞれの関係性とかも変わります。

一体キャラのどこが違うのか。

恋はつづくよどこまでもの原作とドラマを比較しました。

>>恋はつづくよどこまでもドラマ公式サイト

スポンサーリンク

『恋はつづくよどこまでも』原作とドラマの違い。それは登場人物

原作に登場するキャラもいますが、原作にはでてこないキャラもいます。

それに原作に登場してるけど、年齢や性格など設定が違う登場人物もいました。

恋はつづくよどこまでも・ドラマ登場人物一覧

  • 佐倉七瀬・22歳(上白石萌音)
  • 天堂浬・33歳(佐藤健)
  • 来生晃一・33歳(毎熊克哉)
  • 沼津幸人・29歳( 昴生(ミキ))
  • 仁志琉星・22歳(渡邊圭祐)
  • 石原こずえ・28歳(瀧内公美)
  • 酒井結華・23歳(吉川愛)
  • 菅野海砂・22歳(堀田真由)
  • 流子・35歳(香里奈)
  • 根岸茉莉子・37歳(平岩紙)
  • 結城沙世子・37歳(片瀬那奈)
  • 若林みのり・26歳(蓮佛美沙子)
  • 小石川六郎・42歳(山本耕史)

  • 中野藍(瑛蓮)
  • 大淵知子(原扶貴子)
  • 原静香(安藤聖)
  • 小林文江(堀本雪詠)
  • 高津若菜(見上愛)

恋はつづくよどこまでも・ドラマオリジナル人物

確実にドラマオリジナルの登場人物と、原作に出てたかもしれないけどほんの数コマだったであろう人物を紹介します。

  • 沼津幸人・29歳( 昴生(ミキ))
  • 石原こずえ・28歳(瀧内公美)
  • 結城沙世子・37歳(片瀬那奈)
スポンサーリンク

『恋はつづくよどこまでも』原作とドラマの違い①主要登場人物のキャラ設定

画像プチコミック公式サイト|小学館より

原作に登場するキャラクターだけど、キャラ設定が違う人を紹介します。

来生晃一・33歳(毎熊克哉)医師

ドラマの公式サイトには、

医師・来生晃一(33)

天堂の同期で循環器内科の医師。天堂とは医学生時代から切磋琢磨してきた仲であり、唯一天堂のことをいじれる存在でもある。優しく穏やかな性格で、その屈託がなく憎めない笑顔に落とされてしまうナースが続出している。「魔王」の天堂とは真逆であることから付いたあだ名は「魔法使い」。“優男”を武器に立ち回る来生と“ドS”の天堂はことあるごとに比較されるが、互いに深い信頼関係がある。

相関図恋はつづくよどこまでも ドラマ公式サイト

と人物紹介されています。

原作との違いは、

  • 晃一という名前がある
  • あだ名は「魔法使い」とあるが、主人公の佐倉七瀬が「魔法使い見たいだ」って思っただけ。七瀬だけのあだ名。

仁志琉星・22歳(渡邊圭祐)新人看護師

ドラマの公式サイトには、

新人看護師・仁志琉星(22)

七瀬の同期で新人ナース。血を見るのが苦手なヘタレキャラ。自分の苦手を克服しようと、ホラー映画を見るなど耐性をつけようとしている。患者からの人気は高い。ひょんなことから流子と知り合い、その美貌に恋に落ちてしまう。

相関図恋はつづくよどこまでも ドラマ公式サイト

と人物紹介されています。

原作との違いは、

  • ヘタレキャラではなく、主人公・佐倉七瀬の同期の中で一番優秀で優しい
  • 流子に恋には落ちない。天堂先生が好き

酒井結華・23歳(吉川愛)新人看護師

ドラマの公式サイトには、

新人看護師・酒井結華(23)

七瀬の同期で循環器内科の新人ナース。大学の看護学科出身で新人ながら優秀。七瀬とは切磋琢磨する一方でライバル視している。看護方針は七瀬と正反対で、患者との関わり方は必要最低限でドライ。そのため七瀬と揉めることも。 来生の存在をほのかに特別に感じている・・・?

相関図恋はつづくよどこまでも ドラマ公式サイト

と人物紹介されています。

原作との違いは、

  • 七瀬の同期ではなく後輩だった
  • 登場したのは全35話中1話だけ
  • 来生先生ではなく天堂先生に好意を持っていた
スポンサーリンク

菅野海砂・22歳(堀田真由)新人看護師

ドラマの公式サイトには、

新人看護師・菅野海砂(22)

七瀬の同期で小児科の新人ナース。七瀬とは同級生だが精神年齢が高く、達観している。そのため何かと七瀬に頼られ、悩みごとが起きるとすぐに居酒屋に呼び出される。 ドジばかりの七瀬に呆れながらも、良き恋愛相談相手にもなる七瀬にとって人生の先輩のような存在。

相関図恋はつづくよどこまでも ドラマ公式サイト

と人物紹介されています。

原作との違いは、

  • 菅野という名字がある
  • 小児科ではなくER(救急救命室)の看護師

根岸茉莉子・37歳(平岩紙)看護師

ドラマの公式サイトには、

看護師・根岸茉莉子(37)

循環器内科で働く主任ナース。ベテランで天堂が心を許し認めている数少ないナース。天堂の偏屈ぶりを心配しており、七瀬によって態度が軟化しないかと密かに期待している。良かれと思って気を回したことが「おせっかいオバサン」と化すこともあり、周囲から「ちょっと天然」と思われているフシも。

相関図恋はつづくよどこまでも ドラマ公式サイト

と人物紹介されています。

原作との違いは、

  • 茉莉子という名前がある
  • おせっかいオバサンではなく、必要な指示や心配をしてくれる
  • 天然描写はない

小石川六郎・42歳(山本耕史) 医師

ドラマの公式サイトには、

医師・小石川六郎(42)

日浦総合病院の副院長であり、循環器内科の医師部長。天堂の先輩医師で、指導医でもある。いつも陽気で後輩たちの面倒見もいいが、掴みどころがない。抜けているようでいて、実は人間関係やそれぞれの悩みをそっと見守っている良き上司。

相関図恋はつづくよどこまでも ドラマ公式サイト

と人物紹介

原作との違いは、

  • 副院長という設定はない
  • 循環器内科の医師部長という設定はない
  • 天堂の指導医という描写はない
  • 原作2巻の最初5コマだけ、モブキャラのように登場していただけ
  • 自身の勇退のために開かれた科での飲み会に登場しただけ
スポンサーリンク

『恋はつづくよどこまでも』原作とドラマの違い②舞台設定

主人公・佐倉七瀬や天堂先生が所属する科は原作では呼吸器科だけど、ドラマでは循環器内科となっています。

これによって変わるんじゃないかと思われる設定は、天堂先生の元恋人である、若林みのり・26歳(蓮佛美沙子)とのこと。

舞台を変えたからって、話の内容が大きく変わるわけじゃないんだけど…特に意味ないなら変える必要もなくなってしまう。

舞台設定を変えたことが、ドラマに何か影響があるのか気になるところです。

『恋はつづくよどこまでも』原作とドラマの違いまとめ

原作とドラマの大きな違いは登場人物の設定でした。

ドラマオリジナルのキャラがいるのもそうですが、原作に登場するキャラの設定が違うものになっている人物もいます。

なので『恋はつづくよどこまでも』のドラマは、基本原作に沿ってるけど、後半に進むにつれてオリジナル要素が出てきそうだなと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました