【家庭用光脱毛器の選び方】手軽に使えるものだからこそ知っておくべきこと

スポンサーリンク
アイキャッチ 家で脱毛

家でも脱毛ができて、サロンにも通う必要がないなんて本当に便利ですよね。

ただ、家庭用光脱毛器を使えば家で脱毛ができるけど、”脱毛”のためになんで専用サロンやクリニックがあるのか?

ということを知った上で家庭用光脱毛器を選んだ方がいいです。

悩める女子
悩める女子

家で脱毛できるのはわかったんだけどどれがいいのかな?

Amazonとか楽天見たらいっぱいあるんだよね。

筆者
筆者

ほんとめっちゃあるよね。あれじゃなかなか決めきれないよ。

悩める女子
悩める女子

そりゃあんまりお金ないから安い方がいいけど…安すぎるのも心配。

かと言って高いのは買えないし…どうやって選べばいいのかな?

筆者
筆者

そんじゃ、ミュゼで部分脱毛した経験から選び方とおすすめを紹介するよ。

脱毛サロンと比べてどうなのかとか考えながら、3万円くらいのものを3つピックアップするね。

田舎に住んでる身からしたら、家で脱毛できるなんてまさに地獄に仏。

  • 脱毛したいけどサロンやクリニックが近くにない
  • お金もあんまりない
  • 剛毛な毛、処理による汚肌をさらすのが恥ずかしい

こんな悩みを一気にかなえてくれるのが家庭用光脱毛器。

でも直接肌にあてるものだしそれなりにいいお値段するから慎重に選びたいですよね。

気をつけるべきことをまずは頭に入れてから、おすすめを紹介していきます。

スポンサーリンク

家庭用光脱毛器の選び方

筆者
筆者

まずは光脱毛について知っておこう。

光脱毛とは?
ムダ毛のある部位に、メラニン色素(黒い部分)に反応するライトを当てることによって毛根を弱らせるしくみの脱毛方法です。光が当たった毛は、数日後自然に抜け落ちます。 またムダ毛の“成長期”にあたる期間にライトを当てることで、毛が再生するのを弱める効果が期待でき、「不再生脱毛」とも呼ばれています。 施術方法は、IPL(インテンスパルスライト)などの器械を使い、ムダ毛部分にライト(フラッシュ)を照射します。サロンによっては、IPL脱毛、フラッシュライト脱毛などと呼ばれることもあります。

ミュゼの脱毛方法・効果|ミュゼプラチナム公式より

注目したいのが”ムダ毛をゆっくりと減らしていく方法です”のところ。

光脱毛は永久脱毛ではないです。

悩める女子
悩める女子

あれ?でもミュゼの光脱毛でヒザ下の毛は何年も生えてこないって言ってなかった?

筆者
筆者

こういうのは個人差あるからね。それにヒザ下の毛が生えなくなってからも、念のためにヒザ下に光あて続けたんだ。だからだと思う。生えなくなったからって即やめてたらたぶん生えてたかもしれない。

悩める女子
悩める女子

じゃあ家庭用光脱毛器でも使い続けたら生えなくなるかな?

筆者
筆者

ここでサロン脱毛との違いをチェック!

家庭用光脱毛器と脱毛サロンの機械の違い

家庭用の光脱毛器の効果は?
脱毛器は家庭用の製品も販売されています。

原理はサロンで施術できる光脱毛同様、特殊な光を毛根のメラニン色素に照射してダメージを与えるので、脱毛効果は感じられます。

家庭用光脱毛器のメリットは、多忙で脱毛サロンに通えない人でも好きな時間に脱毛ができること。
また、家庭用光脱毛器は約2万円~3万円程度で購入できるので、脱毛サロンでの施術に比べると費用を抑えることができます。

しかし、家庭用であるがゆえにパワーは弱いため、脱毛効果を感じにくいこともあります。VIOなどのデリケートな部分の脱毛や、肌が弱い人は脱毛サロンで施術したほうが安心できるでしょう。

光脱毛とは?仕組みや効果を解説!レーザー脱毛との違いも紹介|キレイモ脱毛コラムより

筆者
筆者

家庭用はハンディサイズでちっさいからね。パワーが弱くても納得。ミュゼで使ってる機械もスタッフの体半分はあるよ。

サロンで脱毛のお手入れをする前にされること

家庭用光脱毛器のメリットはなんといってもその手軽さ。

  • コンパクトで使いやすい
  • 安く手に入りすい
悩める女子
悩める女子

家で脱毛できるなんて最高だよね!

筆者
筆者

って思うけど、機械のパワーの違いだけがサロンと家庭用光脱毛器の違いじゃないんだ。

脱毛サロンのスタッフさんはちゃんと研修受けて機械を扱ってるし、安全面もすごく気をつけて脱毛のお手入れをしてくれます。

ミュゼでは、↓のようなことをしてくれます。

機械を使う前にまずは肌チェック

  • 肌の乾燥状態をチェック
  • 剃り残しがないかチェック、あったらシェービング
  • 肌表面を拭き取る
  • ほくろや傷があったらその上にシールを貼って保護
  • 表面・裏面とちゃんと照射できるよう赤いペンでラインを取る

といった準備をしてから機械の光を照射します。

今は機械が変わったので冷たいジェルなどは使いませんが、以前の機械では

  • 冷たいジェルを脱毛する部分に塗る
  • 照射
  • 冷たいジェルをヘラでとる
  • ジェルの残りを拭き取って、冷たいタオルで照射した部分をしばらく冷やす

ということをしていました。

>>脱毛サロンでのお手入れを詳しく知りたい方はこちら

自分ですると安全面よりも効果を早く求めがち。

その結果肌にやけどを負ってしまったりとトラブルの原因になってしまいます。

ミュゼでは肌の乾燥がひどかった場合、たとえ遠くから脱毛に行っても、安全面や脱毛効果が期待できないことからその日はお手入れしてくれません。

筆者
筆者

自分で家庭用光脱毛器使うってなったら、肌が乾燥してようがやっちゃわない?

悩める女子
悩める女子

やるかも…早くつるつるですべすべな肌にしたいもん

筆者
筆者

だよね。研修を受けてないわたしたちが使うものだから、パワーが弱くてもたとえ時間がかかっても安全な方がいいよ。

家庭用光脱毛器のほとんどはIPL脱毛という方式を採用

「IPL脱毛」
「IPL脱毛」は、「インテンスパルスライト」の略称で、多くの脱毛サロンで取り入れられている方法です。毛根のメラニン色素に反応するので、剛毛の毛により効果があります。

また、IPL脱毛で使われている光は広範囲に照射できるので、比較的ダメージが少なく短時間で施術することができます。

効果の実感が早い分、光脱毛の中でも痛みがやや強いと感じることが多いようです。産毛への効果が弱い点もデメリットとして挙げられます。

光脱毛とは?仕組みや効果を解説!レーザー脱毛との違いも紹介|キレイモ脱毛コラムより

筆者
筆者

光脱毛や脱毛サロンとの比較、家庭用光脱毛器の脱毛方式も知ったところで、次からは具体的な選び方を見ていくよ。

その家庭用光脱毛器、安心して使える?

筆者
筆者

家庭用光脱毛器をネットで検索したら1万円以下からでも買えるのあるでしょ?それだとお財布にも優しいし助かるよね。

悩める女子
悩める女子

そりゃ助かるけど…なんか怖くない?あんまり安いとちゃんと効果あるのかな?とか思うし、直接肌にあてるものだし…

筆者
筆者

肌に作用するものだもん。どうせ使うなら安心して使いたい。

いくら安くても、口コミに効果があったと書かれていても、どこのものかよくわからないものは怖いです。

調べてみて販売元や製造元がわからないと安心できません。

家庭用光脱毛器を買う前に、安心して使えるよう気をつけたいことは、

  1. 公式ホームページがあるか
  2. メーカーに問い合わせができるか
  3. 保障はあるか

この3つです。

割と大手の名前が知れたメーカーだと、お値段もそこそこするけど店頭で実物を見ることができます。

もし故障したとしても、メーカー以外に買ったお店にも相談に行けるから安心です。

でも安い脱毛器だとほとんどがネット通販。

名前も知らない(むしろない)ところが安く売っていると…

悩める女子
悩める女子

これ…本当に大丈夫なのかな?偽物とかじゃないよね…

となりませんか?

ポチポチッとネットで検索しながら調べてみると…

『あれ?情報がない…会社も商品の名前も…日本語説明書ってなに?説明書が日本語じゃないってことは輸入だよね…』

『もし故障とかトラブルあってもちゃんと対応してくれるのかな? 』

と怖くなりませんか?

筆者
筆者

もうね、不安があったら買わない方がいいよ。

脱毛は根気。使い続けないと効果出ないから安心して使えるっていうのは本当に大事なんだ。

使い続けられるか、面倒になってしまわないか

脱毛はたとえ医療であってもサロンであっても、1回やっただけで毛がなくなるということはありません。

使い続けてこそ効果が表れます。

悩める女子
悩める女子

できるよ!だってこの男並みに濃いすね毛とおさらばできるんでしょ?それならがんばる。

筆者
筆者

よし!その意気だ!でもめんどくさいのだけは覚悟しといてね。

悩める女子
悩める女子

ちょっと!わたしやる気あるよ。水を差すようなこと言わないでよ。

筆者
筆者

ごめんごめん。じゃあこれだけは聞いて。

家庭用光脱毛器は、

  • 照射面積がせまい
  • 照射する部分が広いほどお手入れの時間がかかる
  • 少しづつずらして照射するため照射できてない部分ができる

家庭用光脱毛器でお手入れすると、だいたいこの3つに苦戦します。

ミュゼの光脱毛は、肌を滑らせるように照射できるので、寝ころんでいる間に短時間でお手入れが終わる。

脱毛サロンに時間をかけて行くのは面倒だけど、3か月に1回とか行ってしまえば、あとはサロンのスタッフがしてくれます。

家庭用光脱毛器では効果を実感するまでは、週に1回照射しないといけません。

筆者
筆者

小さな機械で全身をピッピッするのはなかなか大変だよ。

悩める女子
悩める女子

ま…負けない!

家庭用光脱毛器は”自己責任”のもと行う

それと、まず頭に入れておいて欲しいのが、家庭用脱毛器を使うということは”自己責任”であるということ。

やけどなどのトラブルが起きてメーカーに連絡しても、絶対に病院の受診を勧められます。

自宅での脱毛は肌トラブルの危険性も
家庭用脱毛器は、照射パワーが自宅でも使える程度に抑えられているとはいえ、肌トラブルが起きてしまう可能性はゼロではありません。
また、すでに照射したかどうかは目には見えないため、何度も同じところに繰り返し照射することで、肌トラブルの可能性も高まります。
また、照射後の冷却を行わないなど、正しい使い方をしないことで起きるトラブルも発生しています。

自宅で起きた肌トラブルはすべて自己責任であり、お金を払って病院に行かなければなりません。
皮膚科にかかる時間や診療代、お薬代を考えると、高額な買い物になってしまいます。

自宅で行う脱毛に効果はあるの?|メアリクリニックより

筆者
筆者

これは絶対に知っておいてほしい。実際照射パワーが強すぎてやけどしたってあるから。特にVIO。

悩める女子
悩める女子

VIOやけどして病院に行くの恥ずかしいよ。

筆者
筆者

まぁVIOの肌って黒ずみがちなうえに毛も濃いからね…出力低いと時間がかかるからって、強いパワーで照射しちゃってやけどしちゃうみたい。

毛の濃さより肌の色を見ないと痛い目みるよ。

家庭用光脱毛器の選び方まとめ

家でできる脱毛はメリットもあればデメリットもあります。

【メリット】

  1. 安い
  2. 1人でできるから恥ずかしくない
  3. 遠くのサロンまで行かなくていい

【デメリット】

  1. 面倒くさい
  2. 安全管理は自分でする
  3. 機械のパワーが弱いから効果を感じるまで時間がかかる
筆者
筆者

ここらへんはちゃんと抑えてから家庭用光脱毛器を選ぼうね。

悩める女子
悩める女子

わかった!

家で脱毛
スポンサーリンク
ねむたい目をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ねむたいおめめは時々ひらく

コメント

タイトルとURLをコピーしました