【ナノケア】どう違うの?パナソニックのドライヤーの違いを調べました【イオニティ】

スポンサーリンク
アイキャッチ 美容論

パナソニックのドライヤーってさ、種類がたくさんあるよね。

筆者
筆者

公式ホームページに載ってる現行品でさえ22種類あったよ。

!そんなに?それじゃどれがどういいのかわかりにくいね…

パナソニックはドライヤーの種類が豊富にあり、機能や価格など、自分の好みに合ったものを探すことができます。

…が、その豊富な種類ゆえにどれがどういいのかわからない…となってしまいませんか?

そこでパナソニックのドライヤーの違いや、そこから見るあなたに合ったおすすめドライヤーを紹介していきます。

スポンサーリンク

パナソニックのドライヤーの違いはどれだけ髪をケアするか

パナソニックのドライヤーの違いは何なのか。

それは髪の毛そのもののケアがどれだけできるかという点です。

どういった髪のケアができるかは、

  • ナノケア
  • イオニティ
  • ノンイオン

というシリーズに分かれています。

シリーズの違いは髪の水分量。

ナノケア>イオニティ>ノンイオンの順で、髪の水分量をケアします。

水分量が多いと髪はパサパサしにくくなって、まとまる髪に。

毎日のドライヤーの熱から髪を守ることにもなります。

ドライヤーと言えば基本的に髪を乾かすもの。

ただ髪さえ乾けばいいのなら、パナソニックのドライヤーの中でも安いものを選べば十分です。

でもどうせなら髪をきれいにしてくれるものだったり、もっと早く髪が乾くものならいいですよね。

そういった希望を取り入れられるのがパナソニックのドライヤーです。

「こういうドライヤーだったらいいのに」

といった希望を叶えるのは、ナノケア・イオニティ・ノンイオンのシリーズ、それぞれの中から選べます。

パナソニックのドライヤーの種類は大きく分けて『ナノケア』『イオニティ』『ノンイオン』の3種類

画像 ヘアードライヤー|パナソニック公式サイトより

パナソニックのドライヤーはたくさんありますが、3種類のシリーズに分けられます。

  • ナノケア
  • イオニティ
  • ノンイオン

この3種類『ナノケア』『イオニティ』『ノンイオン』タイプの中の、それぞれのドライヤーに違いがあるので、パナソニックのドライヤー全体の種類が多くなっているんです。

基本的にナノケアは4種類イオニティは5種類ノンイオンは2種類

ナノケアはナノイー、イオニティはマイナスイオンの効果があります。

髪をきれいに見せてくれる効果は、ナノケア>イオニティです。

ノンイオンは乾かすだけのドライヤーなので、髪をケアする効果はありません。

画像 髪にやさしいナノケアシリーズ|パナソニック公式サイトより

ナノケアは4種類

画像 ヘアードライヤー|パナソニック公式サイトより

ナノケアは髪の水分バランスを整え、うるおいをアップさせます。

「ナノイー」という空気中の水分を超微細化した、水分たっぷりのイオンを作り出すパナソニックの技術を搭載したドライヤーです。

ナノケアのドライヤーは4種類。

  1. 高浸透ナノイー搭載タイプ
  2. コンパクト・軽量タイプ
  3. 海外・国内両用タイプ
  4. ナノイー&ミネラルタイプ

もちろん全部のタイプに「ナノイー」が搭載されています。

ナノケアドライヤーの型番がたくさんあって、種類が多そうに見えても、それぞれの違いはこの4種類にあてはまるかどうかです。

【型番の見分け方】

ナノケアドライヤーは基本的にEH-NA○○となっています。

例えば最新の高浸透ナノイー搭載タイプの型番は、EH-NA0E。

このNAに続く数字でどのタイプのナノケアドライヤーかがわかります。

  • 0→高浸透ナノイー搭載タイプ
  • 2→コンパクト・軽量タイプ
  • 5→海外・国内両用タイプ
  • 9→ナノイー&ミネラルタイプ

EH-NA0EのEの部分は発売された時期によって変わります。

【高浸透ナノイーとナノイーの違い】

高浸透ナノイーは、他のナノケアドライヤーよりも髪への浸透性を高めたナノイーで、水分発生量が従来のものの18倍あります。

それが他のナノケアドライヤーとどう変わるのか。

画像 髪にやさしいナノケアシリーズ|パナソニック公式サイトより

高浸透ナノイーとナノイーの違いは、髪のどこまでナノイーが浸透するかです。

高浸透ナノイーは髪の内部まで浸透するのに対し、ナノイーは髪の内側浅いところまで。

どちらも髪にうるおいを与えるのでしっとりまとまった感じになりますが、高浸透ナノイーは内部まで浸透させることによって髪質改善を図ります。

ナノイーは髪質改善とまではいきませんが、ドライヤー後の仕上がりが変わります。

【ナノケアドライヤー、それぞれの違い】

  1. 高浸透ナノイーは高浸透ナノイー+ミネラルマイナスイオン
  2. コンパクト・軽量タイプはナノイー
  3. 海外・国内両用タイプはナノイー
  4. ナノイー&ミネラルタイプはナノイー+ミネラルマイナスイオン

で髪をきれいにします。

ナノケアドライヤーなので、どれにもナノイーが搭載されていますが、ミネラルマイナスイオンは高浸透ナノイーとナノイー&ミネラルタイプのみに搭載されています。

画像 ヘアードライヤーナノケア EH-NA9E 「ナノイー」の効果|パナソニック公式サイトより

ナノイー&ミネラルタイプは「ナノイー」とミネラルマイナスイオン効果のあるドライヤー。

ナノイーで髪にうるおいを与え、ミネラルマイナスイオンでキューティクルを引き締め、密着性を高めます。

そうすることで、髪はしっとりさらさらに。

筆者
筆者

ナノケアドライヤーのより詳しい型番の違いはこちら↓

イオニティは5種類

画像 ヘアードライヤー|パナソニック公式サイトより

イオニティはマイナスイオンでさらさらな髪にするドライヤーです。

マイナスイオンは髪の表面に付着して、キューティクルの密着性を高め、さらさらな髪に。

どのイオニティにも、マイナスイオンの機能は搭載されています。

その中での違いは風量。

  • 1.9㎥/分
  • 1.6㎥/分
  • 1.3㎥/分
  • 1.1㎥/分
  • 0.8㎥/分(日本国内使用時)

の、5種類の風量があります。

数字が大きいほど風量が多く、ブワーっと髪を乾かしやすいです

パナソニックのドライヤーでは、1.9㎥/分と1.6㎥/分のドライヤーは大風量のドライヤーとなっています。

>>イオニティの詳しい違いはこちら

ノンイオンは2種類

ノンイオンはナノイーもマイナスイオンも搭載されていません。

髪をきれいにするといった効果はなく、髪を乾かすだけのもの。

基本的なドライヤーです。

型番風量サイズ・重さ発売日
EH-ND2B
海外・国内両用タイプ
EH-ND2B
0.95㎥/分
(AC100・200V時/ターボ時)
1.1㎥/分
(AC120・240V時/ターボ時)
高さ19.3×幅17.8×奥行8.2cm
410g
付属品 C-2プラグアダプター
2020年3月1日
EH5101P
EH5101P
1.1㎥/分高さ20.8×幅18.9×奥行7.9cm
395g
2008年12月
画像 ノンイオン ヘアードライヤー|パナソニック公式サイトより

【悩み別】パナソニックのおすすめドライヤー

パナソニックドライヤーの主な違いは、どれだけ髪をケアできるかです。

それ以外に、ドライヤーとしてどれだけ髪を速く乾かせるかというのも捨てがたいですよね。

髪そのもののケアはナノケアが一番ですが、髪を乾かす速さは大風量タイプのイオニティの方が早いです。

風量が多い順(乾くのが早い)で言うと、

  1. イオニティ1.9㎥/分タイプ
  2. イオニティ1.6㎥/分タイプ速乾ノズル付き
  3. イオニティ1.6㎥/分タイプ
  4. ナノケア・高浸透ナノイータイプ1.3㎥/分
    ナノケア・ナノイー&ミネラルタイプ1.3㎥/分
  5. ナノケア・コンパクト・軽量タイプ1.3㎥/分
    イオニティ1.3㎥/分タイプ速乾ノズル付き
  6. イオニティ1.3㎥/分タイプ
  7. ナノケア・海外・国内両用タイプ1.2㎥/分(国内使用時)

同じ風量でも順位に差があるのは、乾かすときの温度が高い方を上にしているからです。

型番でいうと、

  1. イオニティEH-NE6E・EH-NE6B
    イオニティEH-NE5E・EH-NE5B
  2. イオニティEH-NE4A
  3. イオニティEH-NE3A
  4. ナノケアEH-NA0E・EH-NA0B
    ナノケアEH-NA9E・EH-NA9B
  5. ナノケアEH-NA2E・EH-NA2B
    イオニティEH-NE2A
  6. イオニティEH-NE1A
  7. ナノケアEH-NA5B

髪のケアを優先させたいならナノケアを、早く乾くのを優先させたいならイオニティの1.9㎥/分・1.6㎥/分タイプを選ぶのをおすすめします。

>>ナノケアの詳しい情報はこちら

>>イオニティの詳しい情報はこちら

乾燥でパサパサ…広がる髪にはしっとりまとまるナノケア

髪質改善ならダントツでナノケア最新モデルで高浸透ナノイー搭載タイプのEH-NA0Eがおすすめです。

表面や浅いところだけじゃなく、髪の内部までうるおいを届けられるのは高浸透ナノイーだけ。

高浸透ナノイー搭載タイプには

  • EH-NA0E(最新モデル)
  • EH-NA0B

がありますが、EH-NA0Bよりもさらに進化したのがEH-NA0Eです。

より髪全体に高浸透ナノイーが届くようになりました。

髪質改善とまではいかなくても、手触りやまとまりをよくしたいならその他のナノイー搭載タイプ。

おすすめ順は、

  1. ナノイー&ミネラルタイプ
    (EH-NA9E・EH-NA9B)
  2. コンパクト・軽量タイプ
    (EH-NA2E・EH-NA2B)
  3. 海外・国内両用タイプ
    (EH-NA5B)

です。

ナノイー&ミネラルタイプはナノイー+ミネラルマイナスイオン搭載。

この3つの中では髪を一番きれいにしてくれます。

コンパクト・軽量タイプと海外・国内両用タイプはどちらもナノイーのみ搭載。

この2つの主な違いってなに?

筆者
筆者

風量だよ。どれだけ乾かすときに風が出るかが違うね

もちろんドライヤーのサイズが小さい方がいいならコンパクト・軽量タイプ海外でも使いたいなら海外・国内両用タイプと分かれます。

だけどどちらもナノイーのみ搭載。

じゃあドライヤーの機能としては何が違うのか。

それは風量です。

コンパクト・軽量タイプは1.3㎥/分で、海外・国内両用タイプは1.2㎥/分(国内使用時)です。

国内で使うならコンパクト・軽量タイプの方が風量が多いので、海外で使う予定がない場合はコンパクト・軽量タイプのナノケアを選ぶのをおすすめします。

ドライヤーの温度もコンパクト・軽量タイプの方が高くなるので、早く乾かしたい場合はコンパクト・軽量タイプに。

とにかく早く乾かしたいならイオニティ

一日の終わりにお風呂に入って、疲れた体で長々と髪を乾かすのはなかなかの苦行…

そんなときに活躍するのが大風量のドライヤー『イオニティ』

中でも風量1.9㎥/分のEH-NE6E・EH-NE6Bがおすすめです。

筆者
筆者

もうね、ブワーって乾かしてくれるから早いよね。わたし、髪多いからめっちゃ助かる。

それまで1.0㎥/分のドライヤー使ってたんだけど、大風量に変えたとたんかなり変わった。

「え?!こんな早く乾くの?今までのドライヤーの時間は何だったのか…まじで苦行だった」

それくらい違う。

「これこれ、こんなドライヤー欲しかったんだよ。ブワーって風が出るドライヤー」

と思っていた通りでした。

大風量のドライヤーの音は、風量の少ないものと比べると大きいです。

ただし許容範囲。

乾かす時間が短くなるのでそんなことは気にならないです。

>>EH-NE6E・EH-NE6Bの詳しい情報はこちら

ノンイオンは別に購入を考えなくてもいいかも…

ノンイオンはドライヤーとして最低限の機能のものです。

つまり”最低限”乾かせればいい。

だけど風量が1.1㎥/分と多くないので、ノンストレスでさっさと乾く~というものではありません…

それにノンイオンタイプのドライヤーと、それより風量も多くて(1.6㎥/分)マイナスイオン効果もある、イオニティのEH-NE4Aとは値段があまり変わりません。
※国内使用に限る

それならイオニティの方がいいよね…

筆者
筆者

うん。だからノンイオンは購入対象として考えなくてもいいよね…

>>EH-NE4Aの詳しい情報はこちら

パナソニックのドライヤーの違いを知って、あなた好みのドライヤーを選ぼう!

ドライヤーはほぼ毎日使うものなので、スキンケアのように髪もケアできたら嬉しいし、乾かす時間がより短くなればいいですよね。

ドライヤーの時間って正直面倒くさいです。

だけどその時間をできるだけいいものにできれば髪もきれいになっていきます。

きちんと乾かすことで翌朝の寝癖がつきにくくなったり、頭皮環境を悪くしません。

そのためにあなたが、

「こういうドライヤーを使えたら嬉しいな」

ということを考えてみると、その希望にあったドライヤーがナノケアやイオニティの中にあると思います。

あなたの髪や生活習慣にあったドライヤーを選んで、快適に過ごしてくださいね。

美容論
スポンサーリンク
ねむたい目をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ねむたいおめめは時々ひらく

コメント

タイトルとURLをコピーしました