【プチプラ化粧下地】スキンアクアトーンアップUVエッセンスミントグリーンで肌の赤みを抑えられて透明感アップしました

スポンサーリンク
化粧品口コミ

ロート製薬の日焼け止めシリーズ、『スキンアクア』のグリーンのトーンアップの日焼け止め。

肌の赤みを抑えられるかな?と思って買いました。

いつもはミネラルファンデーションなので化粧下地とか使ってないんですが、夏の紫外線対策にファンデだけでは心もとないのでベースメイクに投入しました。

スキンアクアのトーンアップUVにはラベンダー色のもあるんですが、”肌の赤み対策”ってことでグリーン。

ぶっちゃけグリーンとラベンダーで効果は変わるかってなると…

筆者
筆者

変わらん。まぁ気持ちの問題だよね。

なのでグリーンの方が涼やかな肌になっていい感じ!と思って使ってます。

乾燥もしにくいって点も、30代のわたしにはよかった。

スポンサーリンク

スキンアクアトーンアップUVエッセンスミントグリーンを使った感想

結構気に入りました(*´▽`*)!

これからも飽きるまで使っていこうかなってくらい。

買う前に思っていたことは、プチプラだし若い子向けっぽいよね…

33歳でもいいんかな?

なんて思っていましたが、マスク生活だしわざわざ高い下地買うのももったいないので「まぁいっか」って気持ちで買ったのにね。

気に入っちゃったよ。

容器の色も海っぽいというかリトルマーメイド感あって好き。

使い心地

伸びもいいし、乾燥もしない。

日焼け止め塗ってます感もないし使い心地は良好です。

ただ”トーンアップ”ってだけあって多めに塗ってしまうと顔が白くなります。

そんなときは首までしっかり伸ばそう。

クレンジングしなくても洗顔でちゃんと落ちます。

洗顔フォームで顔洗ったあとも日焼け止め被膜感ないし。

石けんで落とせますって書いてあっても、ものによっては全然落ちてないじゃん!ってものもありますからね。

スキンアクアのトーンアップUVは全然問題なしです。

色味

スキンアクアのトーンアップUVエッセンスミントグリーンで肌の赤みは抑えられたのか

筆者
筆者

ちょっと抑えられてると思う

すっぴんよりはもちろんいいです。

肌も明るくなるし、グリーン効果で赤みが抑えられたのか色ムラが多少目立ちにくくなってる。

色ムラがちょっとでもましになるだけで肌の透明感ってかなりアップするね!

肌がきれいになった感じする。

仕上げにフェイスパウダーはたくんだけど、それでいい感じです。

一番発見があったのは、ファンデ塗ってる時より肌のあらが目立ちにくいこと。

なんでだろ?って考えたんですよ。

そしてたどり着いた答えは…

肌色を均一にしようとしていないから。

そりゃそばかすとか少々のものならファンデの方が隠せます。

だけどその均一にするってのが逆に肌のあらを目立たせてるというか。

肌の色は白いところや濃いところ、赤みなどがあって一色じゃないです。

そこを無理に一色にしようとするとするからおかしくなるんですよね。

コンシーラー使ったり。

使ってもイマイチだったり。

そこんとこ考えても、スキンアクアのトーンアップUVのグリーンは肌の色を均一にするものじゃないです。

肌の明るさアップ+赤み抑え効果で透明感アップ+色ムラ補正がされている感じ。

だから肌がきれいになったように見えるんですよね。

ということはスキンアクアのミントグリーン+ファンデだともっと肌がきれいに見えるのかも。

ただ時間が経つと肌になじんで付けたてほどの感動はなくなるので、トーンアップするフェイスパウダーは必須かな。

持ち運び用にセザンヌのフェイスパウダー使ってます。

プチプラ化粧下地もばかにできない!ミントグリーンはそこそこ使える

赤みを抑えて色ムラ補正して結果透明感アップとか、プチプラなのに優秀だ…

SPF50+なのに肌も乾燥しないし洗顔フォームで落とせるし使いやすい。

赤みもだけど、33歳にとって乾燥しないって結構重要なとこです。

赤み補正効果がめちゃくちゃ高いわけじゃないけど、ファンデなしでミントグリーン+フェイスパウダーだと意外と肌きれいに見えるなっていう発見もありました。

毛穴もファンデ塗ってる時より目立ちにくいし。

最初は、

筆者
筆者

1000円以下のアイテムでベースメイクするなんて肌に悪そう

なんて思ってたけど、プチプラもばかにできませんな。

ポイントメイクはプチプラでも、ベースメイクは3000円以上のものしか使ってこなかったから抵抗あったんです。

マスクで生活でファンデも塗らなくなったし、高いの買ってももったいないな…って思って思い切って試してよかったです。

化粧品口コミ
スポンサーリンク
ねむたい目をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ねむたいおめめは時々ひらく

コメント

タイトルとURLをコピーしました