冬服が重い、肩も重い。寒い季節に活躍する服

スポンサーリンク
アイキャッチ ファッション

冬服って重くないですか?

少し前にふと思い立って、冬服を買う前にと昨シーズン着ていた冬服を着てみたんです。

すると…

筆者
筆者

か…肩が重い…しんどいぞこれ。

おかしい。

昨シーズンはなんともなかった…はず。

いや、重いなとも思っていたかもしれないけど、しんどいとまでは思わなかった。

これは年齢を重ねたせいなのかな?

夏に着てこれだけ肩が重いと思うなら、コートを上から着る冬、ただでさえ体が寒さで縮こまる冬はどれだけのものになるんだろう?

寒いの苦手だから着込むタイプなんだけど、これはどうにか対策しないと冬は体調不良になってしまうぞ。

ということで手持ちの服で対策を考えてみました。

スポンサーリンク

肩こりの冬服にはインナーダウンが最強

何と言ってもあったかくて軽い。

いや、あったかいのに軽い。

冬って着込んでなんぼなとこないですか?

わたしの手持ちの冬服で、綿100%の裏起毛トレーナーを持ってるんだけど、まあこれが重い。

よく着てたなってくらい。

他に持ってる綿とポリエステル混紡の裏起毛トレーナーは綿100%よりは軽い。

手持ちの冬服を比べたらこんな感じです。

筆者
筆者

ちなみにニット類は持っていません。ニットに毛玉ができたり、何かに引っかかって毛糸が出るのと洗濯の際の干しにくさが気になって着るのをやめました。

肩とか背中になにか背負ってるみたいになりました。

そんで重くてしんどい服を着るのは無理だと思い、どうしようか考えた末、インナーダウンをカットソーの上に着たらあったかかった。

裏起毛トレーナーよりもあったかい。

最強じゃない?ってくらい。

インナーダウンの下にはたくさん着込まなくていい

冬の寒さ対策なんて着込んでなんぼだと思っていたわたしには目からウロコでした。

分厚い服を着た上にインナーダウンを着るより、ふつうのカットソーの上に着た方が温い。

本来ダウンは肌に近い方があったかいそうですね。

ダウンは熱源である体温を使って、空気のあったかい層を作ることにより、とても温かいアウターとして役に立ちます。

つまりダウンの下に厚着をしてしまうと、熱源である体温がダウンに伝わりにくく、ダウン本来の力を発揮できないのです。

これが着ぶくれしてもっごもごにならなくていい!

シュッとしたスタイルでいられる。

真冬なら、インナーダウンの上にコート類は必要

インナーダウンが温かいとはいえ、防風機能がなければ真冬は寒いです。

ダウンジャケットやダウンコートなら、防風機能も兼ね備えているので1枚でも大丈夫ですが、インナーダウンは注意が必要。

ものにもよりますが、あくまで”インナー”ダウン。

これだけだと冷たい風が吹く真冬にはやっぱり寒いんですよね。

なので防風対策としてインナーダウンの上からコートを着ることで、温かさが保たれるんです。

それに温かさは欲しいけど、ダウンをアウターとして着ることが苦手という人にもインナーダウンはおすすめです。

インナーダウンのブランド紹介

有名どころの4つを紹介します。

  1. ユニクロ ウルトラライトダウン
  2. 無印良品 軽量ダウン
  3. TAION インナーダウン
  4. mont-bell スペリオダウン

ユニクロ ウルトラライトダウン

画像 ユニクロ公式サイトより

一番薄い。

薄いけどインナーダウンとしては十分温かいので、よりスッキリ着たい人におすすめ。

ウルトラライトダウンのなかでもコンパクトジャケットが一押しです。

襟の部分がクルーネック型、Vネック型と形を変えられるところが好き。

コートの下に着ていることを目立たせたくないときはVネック型で着ます。

無印良品 軽量ダウン

画像 無印良品公式サイトより

おすすめはブルゾンタイプ。

リバーシブルで着られるので、ダウン特有のあの段々のデザインが好きじゃない人にも。

>>無印良品公式サイトはこちら

TAION インナーダウン

画像 TAION公式サイトより

インナーダウン専門ブランド。

専門ブランドだけあって、他よりもデザイン・色・種類が多い。

他のブランドの服とコラボしてることがあるので、TAIONのホームページに載っている種類だけではない。

>>TAION公式サイトはこちら

mont-bell スペリオダウン

画像 mont-bell公式サイトより

一番温かい。

mont-bell(モンベル)はアウトドアブランドなので、機能性優先ならこれ。

>>mont-bell公式サイトはこちら

温かくて軽い冬服があれば寒い日の外出も苦痛じゃない

インナーダウンは、

  • 冬服は肩がこる
  • コートでもおしゃれを楽しみたい
  • コートを持ちたくない

というあなたにおすすめです。

①冬服は肩がこる
どのブランドもとても軽くて温かいので、着込む必要もなく、服のせいで肩がこる・重いといったことがありません。

②コートでもおしゃれを楽しみたい
ダウンジャケットやダウンコートはそれだけでも温かいですが、機能性優先のため、そのシルエットが好きじゃない人もいます。

でもダウンの温かさは寒い季節にはとても魅力的。

おしゃれで気に入っているコートはあるけど、それだけじゃ寒いという悩みがあるならインナーダウンはうってつけです。

③コートを持ちたくない
コートは冬の必需品といっても過言ではないくらいですが、クローゼットの中でかさばるのが悩ましいですよね。

アウターは冬のコートの他にもデニムジャケットやトレンチコート、マウンテンパーカーなど、春や秋に着るアウターもあります。

もしあなたがトレンチコート、マウンテンパーカーを持っているなら、その下にインナーダウンを着てみてください。

トレンチコート、マウンテンパーカーが防風機能を果たすので、十分温かいんです。

これだけでは心配だ…ということなら、マフラーと手袋があればよりあたたかです。

ファッション
スポンサーリンク
ねむたい目をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ねむたいおめめは時々ひらく
タイトルとURLをコピーしました