京セラドームの駐車場に車を止めてライブに行った感想

スポンサーリンク
音楽

車で行くと、

  • 好きな時間に出られるし
  • 休憩もいつでもしやすく
  • 駅での混雑にも巻き込まれない

というメリットもあれば、

  • 駐車場を探すのが大変
  • 地理もよくわからないから不安

というデメリットもあります。

わたしは以前、車で京セラでのライブに行きました。

車で行く前に、野球観戦のため京セラによく行く友だちに、駐車場のことを尋ねました。

筆者
筆者

京セラに今度ライブで行くんだけど、どっかいい駐車場ないかな?

友だち
友だち

京セラの駐車場意外と空いててよかったよ。地下でつながってるからドームに入るのもすぐだし。

ということで、京セラの駐車場に止めることにしました。

周辺の他の駐車場は、もし京セラに止められなかった場合に考える。

なぜなら駐車場を探すのが大変だった場合、

  • ぐるぐるして時間が無駄になってしまう
  • 結局止められない

となる事態を避けたかったから。

つまり、

筆者
筆者

時間を金で買った!

ですが、やっぱり他の駐車場の方がたしかに安いので、駐車場探しが面倒だと感じなければ、周辺の駐車場を探した方がお得です。

スポンサーリンク

京セラドーム大阪に車で行く場合

今回車で京セラドーム大阪に行きました。

京セラでのライブに行くのは3回目です。過去2回は電車で行ったので、電車と比べて車で行ったメリット・デメリットをそれぞれ感じました。

京セラに車で行ったメリット

  • 休憩する場所が確保できる
  • 帰りの電車のホームで混雑に巻き込まれない

京セラドームの隣にはイオンがあるのですが、ライブの日はその中は人でいっぱいになります。

飲食店は常に人でいっぱい。

イオンの中にあるちょっと休憩するような椅子もいっぱい。

京セラドームのところはもちろん人がいっぱいで、床に座り込んでいる人もいっぱいです。

筆者
筆者

つまり休憩するところがない。

あえて探すなら、地下鉄ドーム前千代崎駅の出口の方にベンチがあります。

イオンの中よりは空いてるかもしれませんが、外なんで夏や冬はちょっときついですね。

もちろん平日ライブの日も例外じゃありません。

今回は車で行っていたので、マクドナルドでポテトを買って車で食べました。座って食べれてよかった。

車で来る人の方が少ないので、駅での混雑や車の渋滞に巻き込まれることもなくスッと家路につきました。

京セラに車で行ったデメリット

  • 大阪の道を走らないといけない
  • 高速代ガソリン代駐車場代など電車よりも費用が高くなる

大阪は道が何車線もあるし、複雑だし、車が多いしで走りにくいです。

わたしは車で走りやすい地域に住んでいるので、大阪(都会)の車道を走るのはすごい嫌でストレスです。今回運転しましたが。

あとやっぱ電車の方が安いですね。

車は高速代・ガソリン代・駐車場代と割高になります。

あと、疲れてても運転して帰らないといけないので寝れない。

スポンサーリンク

もし電車で行くなら

電車で行く人は大阪駅とかで、ごはん食べたり時間つぶしたりした方がいいですね。

大阪駅からなら電車でドームまですぐだし。

ドームでのライブには数万人も来ますから、駅が混雑します。

行きはライブの時間にさえ間に合えばいいのでみんなバラバラの時間ですが、帰りはその数万人が一斉に駅に向かうので混雑します。大変です。

京セラドームの駐車場

京セラドームの周辺には駐車場がいっぱいあるみたいですが、わたしは京セラドームの駐車場にとめました。

たぶん他の駐車場より割高です。

ライブの日は最大3000円

近くは2000円とか1800円みたいなので、ん~…やっぱ高めですね

京セラの駐車場は京セラドームの地下

最初どこから入るのかわからなくて道間違えました。

ドームに沿った道を走ればいいのに、なんかイオンが見える方に出ちゃった。

駐車場の入り口は、関係者用と一般用とあるので注意してください。

一塁側、三塁側と書いてあるので自分の座席と同じ方でいいんじゃないかと思います。

ライブ終演後は入った方と違うゲートから出たんで、車を止めた場所さえ覚えていればどっちでもいいかもしれませんが。

京セラドームの駐車場でよかったところ

京セラドームの駐車場は他より割高なため、止める人が少ないです。

開場1時間前に行きましたが、まだまだ止めるところは空いていました。

ドームとつながっているので、ちょっと休憩したいときとかは車に戻って、開演時間が近づいてきたらすぐに行ける場所になります。

公式サイト>>お車でお越しの方へ|京セラドーム大阪

音楽
スポンサーリンク
ねむたい目をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ねむたいおめめは時々ひらく

コメント

タイトルとURLをコピーしました