フォトプラスって何が違うの?種類の違いと特徴を比較しました

スポンサーリンク
アイキャッチ 美顔器

フォトプラスっていうヤーマンの美顔器が気になるんだけど、種類ありすぎて何がなんだかわかんない…

筆者
筆者

フォトプラス、わたしも気になってたんだ。だから何がどうよくて違うのか調べたよ。

調べた結果、機能も値段の面でも使いやすいのはフォトプラスEX

乾燥+エイジングケア対策も十分できて、欲しい機能もまんべんなくある使いやすい美顔器です。

\一番売れてる!フォトプラスEX/

フォトプラスEXは、ヤーマン公式楽天市場店での口コミが1000件超えととても人気のあるフォトプラスです。

フォトプラスEXでできることは、

  • 洗顔で落としきれなかった汚れを吸着
  • 美容成分を浸透させ保湿効率アップ
  • ハリ・弾力アップ
  • 赤色LEDでのケア効率アップ
  • 肌の引き締め
  • 目もとケア

です。

価格もフォトプラスシリーズは5万円前後~しますが、フォトプラスEXはこちらの公式サイト>> RFボーテ『フォトPLUS(プラス)』 からだと税込3万7400円と最安値で購入できます。

>>年代別おすすめフォトプラスについての紹介はこちら

スポンサーリンク

フォトプラスの種類

ヤーマンの美顔器『フォトプラス』には、

  • フォトプラス
  • フォトプラスEX
  • フォトプラスハイパー
  • フォトプラスSmart
  • フォトプラスEX eye pro
  • フォトプラスPLUS M(生産終了)
  • フォトプラスプレステージS
  • フォトプラスプレステージSS
  • フォトプラスシャイニー

の9種類があります。

そして透明感アップタイプの

  • ブライトリフト
  • ブライトリフトEX

があり、合計11種類となります。

ブライトリフト・ブライトリフトEXに『フォトプラス』という名前は付いていませんが、こちらもフォトプラスシリーズになります。

なので合わせて11種類になりました。

フォトプラス

フォトプラス
画像 フォトプラス|ヤーマン公式サイトより

【搭載されているモード】

  1. CLEAN→汚れを吸着
  2. MOISTURE→美容成分を浸透させる
  3. EMS UP→ハリ・弾力UP
  4. RF LED→肌のトリートメント
  5. COOL→引き締めてハリとキメを整える

フォトプラスEX

フォトプラスEX
画像 フォトプラスEX|ヤーマン公式サイトより

【搭載されているモード】

  1. CLEAN→汚れを吸着
  2. MOISTURE→美容成分を浸透させる
  3. EMS UP→ハリ・弾力UP
  4. RF LED→肌のトリートメント
  5. COOL→引き締めてハリとキメを整える
  6. EYE CARE→目もとのハリをUP

※数量限定でフォトプラスEXスムースという低刺激タイプも発売されました。

フォトプラスハイパー

フォトプラスハイパー
画像 フォトプラスハイパー|ヤーマン公式サイトより

【搭載されているモード】

  1. CLEAN→汚れを吸着
  2. MOISTURE→美容成分を浸透させる
  3. EMS UP→ハリ・弾力UP
  4. RF LED→肌のトリートメント
  5. COOL→引き締めてハリとキメを整える

ハイパーパルスがあることで、MOISTUREモードのときにより美容成分を肌に浸透させる。

フォトプラスSmart

フォトプラスSmart
画像 フォトプラスSmart|ヤーマン公式サイトより

【搭載されているモード】

  1. CLEAN→汚れを吸着
  2. MOISTURE→美容成分を浸透させる
  3. EYE CARE→目もとのハリをUP
  4. EMS UP→ハリ・弾力UP
  5. RF LED→肌のトリートメント
  6. COOL→引き締めてハリとキメを整える
  7. SP→肌の測定

付属のスマートレンズをiPhoneのカメラに取り付け、肌を撮影することで、専用アプリでの肌の測定が可能に。

※Android非対応。

フォトプラスEX eye pro

フォトプラスEX-eye-pro
画像 フォトプラスEX eye pro|ヤーマン公式サイトより

【搭載されているモード】

  1. CLEAN→汚れを吸着
  2. MOISTURE→美容成分を浸透させる
  3. EYE CARE→目もとのハリをUP
  4. EMS UP→ハリ・弾力UP
  5. RF LED→肌のトリートメント
  6. COOL→引き締めてハリとキメを整える

※ビッグカメラとヤーマンの共同開発のフォトプラスSAKURAeye+(サクラアイプラス)という商品もあります。性能は変わりません。

フォトプラスPLUS M(生産終了)

フォトプラスplusm
画像 フォトプラスPLUS M|ヤーマン公式サイトより

【搭載されているモード】

  1. CLEAN→汚れを吸着
  2. EYE CARE→目もとのハリをUP
  3. MOISTURE→美容成分を浸透させる
  4. EMS UP→ハリ・弾力UP
  5. COOL→引き締めてハリとキメを整える

イオン出力がフォトプラスシリーズの元になっている”フォトプラス”の120%UP。
(※CLEANモードとMOISTUREモードのイオンが高出力に)

フォトプラスプレステージS

フォトプラスプレステージS
画像 フォトプラスプレステージS|ヤーマン公式サイトより

【搭載されているモード】

  1. CLEAN→汚れを吸着
  2. EYE CARE→目もとのハリをUP
  3. MOISTURE→美容成分を浸透させる
  4. EMS UP→ハリ・弾力UP
  5. COOL→引き締めてハリとキメを整える

DYHP(ダイナミックハイパーパルス)で表情筋にも働きかけながらイオン導入。

通常よりもさらに美容成分を浸透させる。

LEDの光で美肌ケア。

>>LEDってなんの効果があるの?と気になる方はこちら

フォトプラスプレステージSS

フォトプラスプレステージSS
画像 フォトプラスプレステージSS|ヤーマン公式サイトより

【搭載されているモード】

  1. CLEAN→汚れを吸着
  2. MOIST→美容成分を浸透させる
  3. EYE→目もとのハリをUP
  4. COOL→引き締めてハリとキメを整える

COOLモード以外を使うときに、EMSの機能も働いている。

アイケア専用ヘッドを搭載していることで、目もとを効率的にケアできます。
※フォトプラスシリーズで唯一目もとケアにEMSが付いている。

ブライトリフト・ブライトリフトEX

画像 フェイスケア製品一覧|ヤーマン公式サイトより

フォトプラスシャイニー

画像 フォトプラスシャイニー|ヤーマン公式サイトより

フォトプラスシャイニーでは、毎日使いやすい『デイリーケア』モードと、しっかり丁寧にケアしたいとき用の『ウィークリーケア』モードの2つが搭載されています。

【搭載されているモード】

デイリーケア

  1. DAILY→1回3分。毎日使えるようイオン導入・EMS・LED(赤)の出力が調整されていている。

ウィークリーケア

週に2~3回のスペシャルケアに。

  1. CLEAN→汚れを吸着
  2. DYHP(ダイナミックハイパーパルス)
    →角質層の深部や筋肉までアプローチし、うるおいを届ける
  3. EYE CARE→目もとのハリUP
  4. COOL→引き締めてハリとキメを整える

フォトプラスにはどんな効果があるのか

フォトプラスの種類によって搭載機能は異なりますが、

  • RF1MHz(ものによっては3MHz)
  • イオン導出入(イオン導出)
  • EMS(ダブル波EMS)
  • 冷却
  • LED(赤・青・橙)
  • マイクロカレント
  • 振動
  • ハイパーパルス
  • DYHP(ダイナミックハイパーパルス)
  • アイリフトRFテクノロジー

といった機能があります。

これで何ができるのかな?

【RF】
→肌を芯から温めて、ハリ・弾力のある肌へ導く。
1MHzと3MHzの違いは肌に浅く効かせるか、深く効かせるか。
(※3MHzの方がより深く効かせる)

【イオン導出入】
→イオン導入は化粧水や美容液の成分の浸透をよりよくさせる。
→イオン導出は落としきれていないメイクや毛穴汚れを浮かせる。

【EMS】
→電気の力で表情筋を刺激してハリをアップ。
ダブル波EMSは周波数の違う電気でさらに奥の表情筋を刺激する。

【冷却】
→フォトプラスで温まった肌を冷やして引き締め、ハリやキメを整える。

【LED(赤・青・橙)】
→LEDの色によって作用が変わる。

  • 赤色LED→ニキビ跡の改善・コラーゲンの増殖
  • 青色LED→ニキビの改善・ニキビ予防・炎症の抑制・毛穴の収縮
  • 黄色LED(橙含む)→肌のターンオーバーを正常にする

【マイクロカレント】
→刺激のほとんどない電流で、たるみやしわなどリフトアップケアをする。

【振動】
→細かく振動することで肌ケアをサポートする

【ハイパーパルス】
→イオン導入の補助。微弱なEMS波形をイオン導入と同時に流すことで、表情筋にも働きかける。

【DYHP(ダイナミックハイパーパルス)】
→いつものスキンケア化粧品をもっと浸透させる。
ハイパーパルス×EMS×イオン導入

【アイリフトRFテクノロジー】
→目もとケア
RF×マイクロカレント×EMS
肌を芯から温めて刺激の少ない電流でリフトアップケアしながら表情筋に働きかける。

筆者
筆者

と言ったことができます。

>>フォトプラスのそれぞれの機能について、もっと詳しく知りたい方はこちら

おすすめフォトプラスを3つ紹介

\おすすめフォトプラスはこれ/
  • フォトプラスEX
  • フォトプラスシャイニー
  • ブライトリフトEX

①フォトプラスEX

欲しいケア機能が満べんなく搭載されていて、初めての美顔器にもおすすめです。

公式通販限定モデル。

  • 洗顔では落としきれなかった角質や毛穴汚れを吸着
  • 手でのスキンケアよりも保湿成分が浸透するのでうるおいアップ
  • 低・中周波のW波EMSでハリ・弾力アップがたるみやしわに効果的
  • 赤色LEDでのケア効率アップ
  • 冷却で肌を引き締めハリ・キメを整える
  • 目もとケア

ができる。

②フォトプラスシャイニー

手軽にケアしたいとき、しっかりケアしたいときと、気分によっても使い分けられるのが他にはないところです。

デイリーモードでは、

  • イオン導入
  • EMS(低・高周波)
  • 赤色LED

を同時に出力し、1回3分コットンなしでケアできます。

ウィークリーモードでは、

  • 洗顔では落としきれなかった角質や毛穴汚れを吸着
  • イオン導入より美容成分の浸透力がアップしたDYHPでうるおいアップ
  • 目もとを集中ケア
  • 最後に冷却+青色LEDで肌の引き締め

ができます。

目もとケアはフォトプラスEXよりも良い性能。

③ブライトリフトEX

シミも気になるけどたるみも気になる…保湿やエイジングケアもしたいけど、美白もしたい!という人におすすめです。

公式通販限定モデル。

保湿はもちろん、美白成分の浸透をよくするブライトリフトシリーズにしかない『メラノバリアパルス』を搭載。

ブライトリフトのEMSは低周波、ブライトリフトEXのEMSは低・中周波のW波EMSなので、たるみやしわも気になる場合はブライトリフトEXがおすすめ。

目もとケア機能はない。

※フォトプラスの通信販売は、>>ヤーマン公式通販サイトでも購入可能です。

その他、年代別におすすめのフォトプラスを紹介しています。

詳しくはこちら>>

【まとめ】フォトプラスの種類の違いと特徴

フォトプラスの種類
  • フォトプラス
  • フォトプラスEX
  • フォトプラスハイパー
  • フォトプラスSmart
  • フォトプラスEX eye pro
  • フォトプラスPLUS M(生産終了)
  • フォトプラスプレステージS
  • フォトプラスプレステージSS
  • フォトプラスシャイニー

フォトプラスにある機能(種類による)

【RF】
→肌を芯から温めて、ハリ・弾力のある肌へ導く。
1MHzと3MHzの違いは肌に浅く効かせるか、深く効かせるか。
浅く→1MHz、深く→3MHz

【イオン導出入】
→イオン導入は化粧水や美容液の成分の浸透をよりよくさせる。
→イオン導出は落としきれていないメイクや毛穴汚れを浮かせる。

【EMS】
→電気の力で表情筋を刺激してハリをアップ。
ダブル波EMSは周波数の違う電気でさらに奥の表情筋を刺激する。

【冷却】
→フォトプラスで温まった肌を冷やして引き締め、ハリやキメを整える。

【LED(赤・青・橙)】
→LEDの色によって作用が変わる。

  • 赤色LED→ニキビ跡の改善・コラーゲンの増殖
  • 青色LED→ニキビの改善・ニキビ予防・炎症の抑制・毛穴の収縮
  • 黄色LED(橙含む)→肌のターンオーバーを正常にする

【マイクロカレント】
→刺激のほとんどない電流で、たるみやしわなどリフトアップケアをする。

【振動】
→細かく振動することで肌ケアをサポートする

【ハイパーパルス
→イオン導入の補助。微弱なEMS波形をイオン導入と同時に流すことで、表情筋にも働きかける。

【DYHP(ダイナミックハイパーパルス)】
→いつものスキンケア化粧品をもっと浸透させる。
ハイパーパルス×EMS×イオン導入

【アイリフトRFテクノロジー】
→目もとケア
RF×マイクロカレント×MS
肌を芯から温めて刺激の少ない電流でリフトアップケアしながら表情筋に働きかける。

\おすすめフォトプラスはこれ/

※その他フォトプラスシリーズの通信販売は、>>ヤーマン公式通販サイトでも購入可能です。

>>美顔器使いたいけど続けられるか心配って方はこちらもあわせてどうぞ
【電子ハリ美顔器】ヤーマンのポイントリフトって何にいいの?

美顔器
スポンサーリンク
ねむたい目をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ねむたいおめめは時々ひらく
タイトルとURLをコピーしました